IFAとは?転職するメリットと証券会社・FPとの違い

独立系の資産アドバイザーである”IFA”が増えていることはご存知でしょうか。

資産アドバイザーと言えば証券会社や銀行の営業員を思い浮かべますが、近年特定の金融機関に所属しない形でお客様の資産運用を任せてもらうIFAが急増しているのです。

そこでこの記事では、キャリアとしてIFA転職するメリットと証券会社・FPとの違いについて発信していきます。

IFAとは

IFAとは”Independent Financial Advisor”の略であり、独立系ファイナンシャル・アドバイザーを意味します。

IFAについて正しく理解するために、雇用形態と取扱商品からみていきましょう。

IFAの雇用形態

IFAの雇用形態は主に業務委託契約です。IFA法人の正社員として活動しているIFAもいますが、多くは個人事業主としてIFA法人と業務委託契約を締結します。

銀行や証券会社などに所属している金融パーソンのほとんどは正社員である一方、IFAは業務委託社員になるので”独立系”と言われているのです。また、特定の金融機関に所属しないという意味でも独立性があります。

正社員、業務委託などIFAの契約形態別のメリット・デメリットについて下記の記事をご参照ください。

IFAの取扱商品

IFAの取扱商品は多岐に渡りますが、主に株式や投資信託などの金融商品です。取扱商品の面では証券会社などの金融機関とさほど違いはありません。

しかし、既存の金融機関では会社都合の商品を営業員に販売させるのに対して、IFAは親会社やグループ会社などのしがらみが一切ないので、お客様に最適な提案ができるのです。

そのため、取扱商品自体は一緒でも、保険や不動産など実際にお客様に提案する商品はより広範になるはずです。

IFAのより詳細な取扱商品、サービスについて下記の記事をご参照ください。

IFAと証券会社・FPとの違い

IFAについての理解を深めるために、”IFAと証券会社との違い”と”IFAとFPとの違い”をそれぞれみてきましょう。

IFAと証券会社の違い

IFAと証券会社との違いですが、主に次の4つの点で異なります。なお、お客様目線ではなく従業員目線での内容となっております。

【IFAと証券会社の違い】

  • ノルマの有無
  • 募集商品の有無
  • 報酬体系
  • 雇用形態

証券会社には月々のノルマがありますが、IFAにはノルマがありません。詰められることなく、自由に自分のペースで営業することができます。

また、証券会社では引受部門が抱えた新株や新発債などのいわゆる募集商品を販売する必要がありますが、IFAにはそもそも引受部門がないので、募集商品をお客様に販売する必要はありません。

そして報酬体系も大きく異なります。証券会社では月々定額の固定給とボーナスが支払われますが、業務委託のIFAは自分が獲得した手数料(コミッション)の50~70%を翌月の給料として受け取ることができます。

既述したように、証券会社とIFAでは雇用体系も異なります。証券会社は正社員がほとんどですが、IFAはほとんど業務委託社員です。

上記のような違いをまとめると、IFAは営業の自由度が高く報酬も青天井ですある一方で正社員ではないので収入は不安定と言えます。

IFAとFPとの違い

IFAとFPの違いは、お客様に提案した商品を実際に契約できるかできないかの違いです。

IFAはお客様に提案した商品を実際に契約まで実行できますが、FPはアドバイスはできても契約は違う業者に委託することになります。

FPが契約までできない理由は、金融商品仲介業者として金融庁に登録していないからです。

IFAになるメリット

次に、既存の金融機関の営業職と比較した上での、IFAになるメリットについてお伝えします。

様々なメリットがありますが、主なメリットは次の通りです。

【IFAになるメリット】

  • 収入を上げることができる
  • お客様を一生担当できる(転勤がない)
  • 自由な働き方ができる
  • ノルマがない
  • 幅広い商品を提案できる

収入を上げることができる

IFAの報酬体系は、手数料収入に基づいた成果報酬型です。取引を行えば行うほど直接的に収入が増加するので、収入に上限がないのです。

これ対して、金融機関に所属している営業パーソンの場合、取引を増やしてもボーナスにいくらか反映される程度です。報酬体系で言えば、IFAの方が還元率が大きいと言えます。

そのため、年収3,000万円以上など、サラリーマンでは役員クラスにならないと目指せない収入を望むのであれば、よりフェアに評価されるIFAが有力な選択肢となるでしょう。

実態としては、20代IFAが急増していることもあり、IFA全体の平均年収としては3,000万円も満たないと思いますが、それでも証券業界全体よりはかなり待遇が良いはずです。

IFAの平均年収により詳しく知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

お客様を一生担当できる(転勤がない)

IFAはお客様を一生涯担当できることも大きな魅力です。

証券会社や銀行では、数年に1度の周期で転勤があります。その度に担当顧客をリセットされるので、構造的にお客様と深い関係を築きにくいのです。

一方IFAは転勤がないので、お客様を一生涯担当することができます。

同じお客様を長く担当することで、信頼も形成しやすいですし、ご家族ともお取引いただける機会が増えます。

自由な働き方ができる

IFAは、独立していると言っても個人でIFA法人を立ち上げない限りは、IFA法人に所属する形になります。

「結局どこかに所属するならこれまでと働き方変わんないじゃん!何が独立だよ!」と思うかもしれません。しかしご安心ください。

IFA法人の中には、所属IFAに週1回1時間程度の出社を義務付けている場合もあり、出社義務はIFA法人の方針によって様々です。なかには完全テレワークで出社義務すらない場合もあります。

また、営業手法も飛び込みだけでなく、セミナーやSNSなど様々なツールを活用できます。提案商品も完全自由です。

つまり、IFAは時間の使い方、営業手法、提案商品など全て自分の裁量で決定できるのです。

自由度が増すことは責任感が一層伴うことを意味しますが、IFAであれば自分にあった営業スタイルを確立することができます。

ノルマがない

よく証券会社や銀行のノルマは厳しいと言われますが、その通りです。何をどう頑張っても達成できない目標を設定されることも多々あります。

一方IFAにはノルマが一切ありません。指定された販売量を、お客様や市況を無視して提案する必要はありません。

ノルマがないことは、IFAがストレスなく提案できることを意味するのと同時に、お客様ファーストの最適な提案ができることも意味します。

幅広い商品を提案できる

通常営業パーソンは、証券会社なら金融商品、保険会社なら保険商品など、所属している会社の商品しか提案できません。と

しかし、IFAは提案できる商品・サービス多岐に渡ります。

【IFAが提案できる商品・サービス】

  • 株式や投資信託などの金融商品
  • 生命保険・損害保険などの保険商品
  • 不動産投資・賃貸の媒介
  • 節税プランの提案(提携先の税理士と連携)
  • M&Aや事業承継プランの提案(専門家と連携)

パッと思いつくだけでも、IFAは上記のような商品・サービスを提案できるのです。幅広い引き出しから顧客ニーズに適合する提案が積極的にできる点は、IFAの大きな魅力と言えるでしょう。

まとめ

この記事ではIFAの意味とIFAになるメリットをお伝えしました。

IFAは完全成果報酬型の契約形態であるため、収入が青天井であり自由な営業ができる点が魅力です。一方で、自由には責任が伴いますから、リスクも当然あります。

IFAへの転職、IFA法人の移籍を検討している方はお気軽にご相談ください。現役IFAチームがキャリアアドバイザーとして、相談者様の意向に沿った最適なIFA法人をご紹介します。

IFA転職相談フォーム

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    出身業界 必須 証券会社銀行保険会社その他
    ご希望の面談形式 必須
    ご要望 任意ご面談希望場所など、ご要望の内容をお書きください。

    記入内容をご確認の上、チェックボタンをクリックして下さい。

    関連記事

    IFAの情報収集・情報交換なら「IFAドットコム」

    TOP
    TOP