IFAに必要な資格と有利な資格を解説

自由な営業スタイルや高収入が実現できるとして、近年IFAと呼ばれる独立系のファイナンシャル・アドバイザーが増加しています。

日経新聞や東洋経済でも取り上げられる機会が増え、IFAに興味を抱く人が増えているのではないでしょうか。

そこでこの記事では、IFAに必須の資格・有利な資格をご紹介していきます!

IFAに必要な資格:証券外務員

はじめに、IFAに必要な資格をお伝えします。

結論から申し上げると、取得必須の資格は“証券外務員”です。

証券外務員とは、金融商品の取引を担当する方が必ず取得していないといけない資格です。

つまり、金融商品を扱う証券パーソンや銀行員であれば取得はマストなのです。

IFAも金融商品の販売を主な業務としているため、証券外務員がないとお話になりません。医師免許を持たずして医師として独立するようなものです。

必須とはいえ、IFAを目指す方は証券をはじめとする金融業界出身者が多いので(すでに取得している)、特段気に必要はないでしょう。

IFA業に有利な資格

次に、IFAとして活躍するために有利な資格をご紹介していきます。

取得しているとIFAとして必ず成功できるわけではありませんが、クロスセルに繋がったり信頼の客観的な証明に繋がったりと、メリットしかないので是非取得しておきたいところです。

【IFA業に有利な資格】

  • 保健募集人資格
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)
  • 証券アナリスト(CMA)
  • 宅地建物取引士(宅建)
  • 税理士

保険募集人資格

保険募集人資格とは、保険を販売する方に必要な資格です。

販売する保険の種類によって、保険募集人資格は以下のように種類分けされています。

生命保険説明
一般課程試験生命保険の定額保険を販売するために必要な資格
変額保険販売資格試験生命保険の変額保険を販売するために必要な資格
外貨建保険販売資格試験生命保険の外貨建保険を販売するために必要な資格
損害保険説明
基礎単位損害保険を販売するために必要な資格
自動車保険単位自動車保険を販売するために必要な資格
火災保険単位火災保険を販売するために必要な資格
傷害疾病保険単位傷害疾病保険を販売するために必要な資格

IFAは保険商品を販売する機会も多いので、可能な限り多くの保険募集人資格を保有している方が、提案できる商品の幅が広がります。

ファイナンシャル・プランナー資格

ファイナンシャル・プランナー資格とは、金融や保険、年金制度など、お金に関する幅広い分野に精通するお金のプロを目指す資格です。

IFAは、金融商品や保険商品を販売することが主な業務ですから、ファイナンシャル・プランナー資格で学習する知識を実務に直接活かすことができます。

また、FP協会認定のAFP・CFP認定者であることを採用条件とするIFA法人も存在するため、IFAに転職希望の方はFP資格を取得しておくと、採用においても有利になるでしょう。

証券アナリスト資格

証券アナリスト資格は、金融や経済を体系的に学習できる資格として、金融業界から強く支持されている資格です。

投資の基本となるリターンやリスクに関する金融知識、企業の経営状態を読み解く財務知識、そして景況感を把握するための経済知識など、金融商品を扱うプロであれば実務に直結する有意義な資格です。

法人ビジネスを展開していきたいIFAには特におすすめです。

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産取引における重要事項説明や関係書類の記名・押印など、宅建士としての独占業務を行うために必要な資格です。

IFAも、宅建試験に合格して宅建士として登録を行えば、不動産の売買や賃貸についてアドバイス・取引できるようになり、提案の幅が一気に広がるのです。

加えて、不動産取引は一発の手数料収入が大きいので、提案商品としても魅力的です。

宅建業務ができるIFAであれば、顧客の悩みを不動産で解決できる時、自分一人では解決できないというもどかしさを感じなくなるでしょう。

税理士

税理士資格とは、税務相談や税務書類の作成など、税理士としての独占業務を行うために必要な資格です。

IFAの主な顧客は企業オーナーを始めとする富裕層だとお伝えしましたが、富裕層が最も関心のある分野は「税金」です。

IFAが提案する金融商品、保険商品、不動産などには常に税金問題がついて回ります。富裕層にはお抱えの税理士がついているので、IFA自身が税金にまで精通していることは必須ではないかもしれません。

しかし、

  • 金融商品・保険商品・不動産を活用した節税方法
  • 顧客法人の抱える税務課題

これらを熟知しているIFAは、顧客から一層信頼されることは間違いないでしょう。

片手間に勉強する資格としてはかなり難しいですが、IFAとして突き抜けるためにはとても有用な資格だと思います。

IFAが資格を取得するメリット

次に、IFAが資格を取得するメリットをお伝えします。

様々ありますが、主なメリットは次の3つです。

【IFAが資格を取得するメリット】

  • 提案できる商品の幅が広がる
  • 収入増加に繋がる
  • 名刺に記載することで信頼性が向上する

提案できる商品の幅が広がる

提案できる商品の幅が広がることも、IFAが資格を取得するメリットです。

IFAが宅建を取得すれば不動産取引ができますし、税理士資格を保有していれば税務相談も請け負うことができます。

なんでも任せられるIFAは顧客から信頼されますし、IFAとしても1顧客から得られる収入が増加するメリットがあります。

宅建や税理士格を保有しているIFAはまだまだ少ないので、取得しているだけで差別化を図ることができるでしょう。

収入増加に繋がる

宅建などの独占業務を執行できる資格を保有していると、お客様からの信頼性が高まり、かつビジネスのチャンスが広がります。つまり、収入増加に繋がるのです。

もちろん資格試験に合格するだけでは意味はなく、実務的なコンサルティングができて初めてビジネスになるので、常に日頃から当該資格が関わる分野の最新情報をキャッチアップしておく必要があるでしょう。

名刺に記載することで信頼性が向上する

名刺に記載することで信頼性が向上することも、IFAが資格を取得するメリットと言えます。

お客様からしてみれば、担当者の信頼性を図る材料として所属組織が大きな要因を占めますが、IFAは大手証券会社ほどの知名度がありません。客観的な評価材料がないのです。

そこで役立つのが資格です。お客様側が金融系の資格を認知しているケースは多くないでしょうが、刺さる人には刺さります。

少しでも取引に繋がる可能性が上がるのであれば、関連資格を積極的に取得すべきでしょう。

IFAに必要なスキル

最後に、IFAに必要なスキルをお伝えします。

【IFAに必要なスキル】

  • バイタリティ(顧客開拓力、関係維持力)
  • 思考の柔軟性(営業手法、提案の幅広さ)
  • 自律性
  • マネーリテラシー

バイタリティ(顧客開拓力、関係維持力)

IFAに必要なスキルとしては、バイタリティが挙げられます。

IFAの多くは完全成果報酬型の業務委託社員です。成果が全く出なければ収入0円になる可能性があるのです。

マーケットに依存する商売であるため、マーケットが急落すると商いが縮小し、手数料収入が激減することもしばしば。

そのため、外部環境がどんなに悪くなっても新しく顧客を作る顧客開拓力や、既存の顧客との関係維持力が必要になります。

思考の柔軟性(営業手法・提案の幅広さ)

思考の柔軟性もIFAに求められるスキルです。

IFAは営業手法も提案商品も自由であるため、様々な営業スタイルを実行でき、提案商品も幅広い分野から選択することができます。

従来型の飛び込み営業ではなく「セミナー集客」「メディア集客」も可能ですし、金融商品だけでなく「不動産」「ビジネスマッチング」も提案することができます。

型にはまらない営業手法と提案力を持ち合わせていると、IFAとして成功しやすいと言えるでしょう。

自律性

IFAに限りませんが、自由な職業にはそれだけ自立性が要求されます。

営業や勉強はいくらでも休むことができますし、成果に対して文句を言ってくる上司もいないので、己しか自分を律することができません。

自由であるがゆえに、自分を律することが求められます。

マネーリテラシー

マネーリテラシーもIFAに要求されるスキルです。

幅広い商品を扱えるようになると、それだけ広範な知識が要求されます。金融商品だけに精通していても、通用しない場合があるのです。

お客様の多くは証券会社と既に取引のあるので、会社のブランドがない以上、証券会社の担当者より知識で勝ることをアピールする必要があります。

まとめ

今回はIFAに必須・有利な資格と、IFAが資格を取得するメリットをお伝えしました。

証券外務員や保険系の資格は必須であり、宅建や税理士資格まで取得していると有利になります。

信頼性向上、収益増加に繋がるので、IFAを目指す方は積極的に資格試験に挑戦されることを推奨します。

IFAへの転職、IFA法人の移籍を検討している方はお気軽にご相談ください。現役IFAチームがキャリアアドバイザーとして、相談者様の意向に沿った最適なIFA法人をご紹介します。

IFA転職相談フォーム

    お名前 必須
    メールアドレス 必須
    出身業界 必須 証券会社銀行保険会社その他
    ご希望の面談形式 必須
    ご要望 任意ご面談希望場所など、ご要望の内容をお書きください。

    記入内容をご確認の上、チェックボタンをクリックして下さい。

    関連記事

    IFAの情報収集・情報交換なら「IFAドットコム」

    TOP
    TOP